ニキビの原因にもなるシャンプーや整髪料・髪型に注意しよう

肌のお手入れをしっかり行っているにも関わらず、ニキビに悩まされていませんか?ニキビには皮脂が大きく関わっていますが、それ以外にも原因があります。特に周りを気にするようになる思春期は、見られたくない思いから髪でニキビを隠しがち…これもニキビを増やす原因です。

 

また、シャンプーの洗い残しや整髪料の肌への付着がある場合も、ニキビを引き起こすことがあります。ここでは、肌トラブルで起こるニキビの原因から髪に関わる原因まで、詳しく解説します。

 

肌トラブルで起こるニキビ

10代の思春期に肌トラブルで起こるニキビは、皮脂が原因です。通常、皮脂腺から分泌された皮脂は、毛穴を通って外へ排出されます。しかし、毛穴が詰まって皮脂が外へ排出されずにたまると、その皮脂をエサとして、ニキビの元であるアクネ菌が繁殖します。

 

その結果、アクネ菌が増えて思春期ニキビのできやすい肌環境をつくってしまいます。では、そもそも毛穴が詰まる原因である、思春期ニキビの2つの肌トラブルを見てみましょう

 

原因1. 過剰な皮脂

思春期には、身体が大人になるための成長ホルモンの分泌が始まります。この成長ホルモンにより身長が急に伸びるほか、女性は生理の始まりや胸の膨らみ、男性は声変わり、体毛が濃くなるなどの変化が身体に現れます。

 

しかし成長ホルモンは、皮脂の分泌を過剰にするホルモンでもあります。そのため、皮脂の分泌に排出が間に合わず、毛穴の中は皮脂が渋滞してしまいます。そこへアクネ菌がやってきて繁殖を始めると、ニキビになります。

 

原因2.未熟な毛穴

思春期の毛穴はまだ未熟で、細くか弱いです。この皮脂の通り道である毛穴が、皮脂の量に対して細すぎるので、次々に送られてくる皮脂を排出できません。そうなると、毛穴が詰まる原因になります。結果的に毛穴の中は皮脂があふれだし、アクネ菌が繁殖します。

 

髪トラブルで起こるニキビ

女性はいつも可愛くいたいのが本音です。思春期は特に見た目を気にする年頃なので、ワックスやスプレーなどの整髪料を使って可愛くヘアアレンジしたり、トリートメントなどのヘアケア製品を使って髪をツヤツヤにしたり、ニキビを隠すような髪型にしたりと、気を配る女子も多いです。

 

でも、そのようなヘアケアによって、逆におでこやこめかみのニキビを増やしている可能性もあります。髪トラブルで起こる3つのニキビの原因を見てみましょう。

 

原因1. シャンプーの洗い残し

シャンプーやコンディショナーは、しっかりとすすぎを行っていますか?少しでもいい香りを残したいなどの思いで、しっかりとすすがなければ、汚れを落とすシャンプーの界面活性剤、ツヤを与えるコンディショナーの油分が毛穴に詰まる原因となります。

 

原因2. 整髪料の付着

整髪料には、スプレータイプやミストタイプ、ワックスタイプなどがあります。特に注意したいのはスプレータイプやミストタイプで、髪に吹きかけたつもりでも、霧状になったものが同時に肌へ付着する可能性があります。

 

髪を固めてツヤ感を出すために、整髪料には粘りのある油分が配合されています。これが肌に付着すると、毛穴をふさぎ、皮脂が詰まる原因になります。洗い流さないトリートメント類も同じです。

 

原因3. ニキビに触れるような髪型

ニキビを見られたくなくて、前髪でおでこのニキビを隠していませんか?髪は、頭皮からの皮脂や空気中のホコリなどで、とても汚れています。そんな髪がニキビに触れると、汚れた髪の毛がニキビにとって刺激となり、炎症を悪化させて治りにくくなります。また、ニキビを増やしやすくもなります。

 

ニキビを防ぐ!正しいヘアケア方法

整髪料やシャンプーがダメということではありません。ニキビの原因にならないように、気をつけて使用することが大切です。正しい方法で髪をケアすると、髪トラブルによるニキビを防ぐことができます。
では、3つの原因を防ぐための正しい方法とポイントを、それぞれ紹介します。

 

シャンプー、コンディショナーは時間をかけてすすぐ

シャンプーとコンディショナーは、両手の10本の指の腹を使って頭皮を揉みこむようにきちんと洗い流します。また、シャンプーとコンディショナーは入浴して最初に行いましょう。洗顔やボディーソープ後に髪を洗うと、どうしても顔や身体に泡が付着するので、顔や背中のニキビの原因になります。

 

  1. シャワーのお湯を頭に当てながら、両手で揉みこむように汚れをとる
  2. シャンプーを両手に馴染ませ、軽く泡をたてる
  3. 泡を頭に置き、ステップ1のように揉みこむ
  4. 頭全体を洗ったら、丁寧にすすぐ
  5. 髪の水気をとり、毛先中心にコンディショナーを馴染ませてすすぐ

ステップ2では、髪の長さにもよりますが、肩くらいの髪でシャンプー1プッシュが十分な量です。また、先に手で泡立てておくことで、頭皮の毛穴にシャンプーが入り込みにくくなる効果があります。ステップ4では、おでこの生え際やこめかみ、首元もしっかりとすすぎましょう。

 

ステップ5では、コンディショナーはツヤを出すために使うものです。頭皮に近い部分は皮脂でツヤが出るので、パサついた毛先を中心に行いましょう。肩くらいの髪の長さの場合、コンディショナーは軽く1プッシュで大丈夫です。

 

整髪料は手につけて

ワックスタイプの整髪料はそのまま手でつけるので大丈夫ですが、スプレータイプやミストタイプは霧状になった整髪料が顔に付着するため、手にとってからつけましょう。

 

  1. スプレーorミストの整髪料を、手のひらにとる
  2. 両手に軽く馴染ませる
  3. つけたい髪の部分に、手で馴染ませてセットする
  4. 手をハンドソープで洗い、手に付着した整髪料を流す

ステップ1では、手のひらから5センチほど離して噴射しましょう。また、どうしても手を汚したくない人は、必ずもう片方の手で顔をガードしながら整髪料を噴射しましょう。霧状のため多少肌へ付着する可能性もありますが、ガードするとしないとでは、肌への影響が大きく違います。

 

顔に付着しない髪型

ニキビが嫌で隠したくなる気持ちは分かります。思春期は特に敏感になりがちです。しかし悪化の原因となるため、髪がニキビへ触れないようにすることが大切です。

 

可愛いヘアアレンジをすると、ニキビなんかに負けずにオシャレを楽しむことができますよ。楽しみながらニキビ改善していきましょう!

 

2つのヘアアレンジ法を紹介します。

 

おでこニキビ対策

  1. 前髪の分け目を決める
  2. 前髪を三つ編みする
  3. 三つ編みの毛先を、耳の後ろやこめかみ辺りにピンで留める
  4. 三つ編み部分を軽く引っ張り、ふんわり感を出す

ステップ3の時、ピンは黒ピンではなく星や花など飾りがついたものにすると、さらに気分がアップするでしょう。

 

フェイスライン、頬ニキビ対策

  1. ハーフアップにして、細いゴムで結ぶ
  2. ゴムで結んだ部分の上から、結んだ毛先を通す

ステップ2では、毛先を結んだ部分から通して”くるりんぱ”します。そうすると、サイドがねじれて可愛いアレンジになります。

 

 

このように整髪料の使い方や髪型によっては、知らずしらず肌に負担をかけ、それはニキビにも大きく関わります。いくら肌ケアしてもニキビが改善しない人は、これらが原因の可能性もあるので、ヘアケアを見直してみましょう。