ニキビと季節って関係はあるの?

季節の変わり目に肌の調子が悪くなったり、体調を崩したりしたことはありませんか?それは、季節ごとの気候や湿度に順応しようと、肌や身体が働いているからです。気候に急激な変化があると、どうしても肌に負担がかかってしまいます。

 

ここでは、季節ごとの肌状態や肌トラブルの原因、対処法などを紹介します。ニキビとの関わりについても詳しく見ていきましょう。

 

季節ごとの肌状態

気温や湿度、紫外線量などによって、年中、肌状態は変化しています。特に気候が暖かくなり、皮脂の量が増える春〜夏にかけては、ニキビもできやすくなります。肌状態を、それぞれ季節ごとに見ていきましょう。

 

春の肌状態と原因

だんだんと気温が上昇して過ごしやすい一方で、朝晩の気温差が激しく、身体に負担がかかりやすい季節です。同時に就職や進学、引っ越しなどの環境の変化により、ストレスがかかりやすいです。

 

ストレスを感じると、ホルモンバランスが乱れて男性ホルモンが増加し、ニキビができやすくなります。女性の身体はとてもデリケートなので、少しのストレスでもホルモンバランスが乱れます。

 

また春先になると、花粉が飛びやすくなります。花粉が肌や粘膜に付着すると汚れやすく、かゆみから皮膚炎が起こることがあります。

 

夏の肌状態と原因

紫外線は年中降り注いでいますが、特に7月〜8月にかけて量が増えます。夏は、この紫外線の影響で肌が黒くなったり、シミやそばかすができたりしやすい季節です。紫外線を浴びると、肌のメラノサイトという部分からメラニン色素が発生します。

 

メラニン色素は本来、外的刺激から肌を守るために発生するものですが、増え過ぎると肌にメラニン色素が残り、シミの原因になります。また、夏は汗をかいて皮脂が増加するため乾燥とは無縁だと思いがちですが、乾燥しやすいです。

 

それは、暑さをしのぐためにエアコンの効いた室内で過ごすことが多くなるからです。エアコンは思っている以上に、肌の奥が乾燥しやすいです。乾燥も紫外線と同じように、肌のバリア機能の低下につながります。

 

さらに、長時間のエアコンの使用や冷たいものの摂り過ぎは、身体の冷えにつながります。女性の身体は、男性の身体と比べて筋肉量が少ないうえ、脂肪が多いため、冷えやすいです。冷えが悪化すると血液循環も悪化し、身体全体に栄養が行きわたらなくなるので、むくみやくすみが起きやすくなります。

 

秋の肌状態と原因

夏の暑さが和らいで涼しく過ごせる一方で、朝晩の気温差が激しいために肌が乾燥しやすく、体調を崩しやすい季節です。紫外線量は徐々に減少しますが、夏に受けた肌ダメージが、肌のターンオーバーとともに肌の表面に表れてきます。

 

冬の肌状態と原因

一気に気温や湿度が低下し、空気が乾燥しやすい季節です。気温の低下により血行不良になり、皮脂が出にくくなります。毛穴も閉じるため汚れが排出しにくく、肌の表面が厚くなりがちです。さらに暖房が効いた室内で過ごすことが多いので、最も乾燥トラブルが起こりやすいです。

 

肌トラブルの対処法

肌トラブルは、気温や湿度、紫外線量だけではなく、環境の変化によっても起こります。防ぐためには洗顔と保湿が重要ですが、ほかにも季節ごとに合わせた対処をすることが大切です。

 

春の肌の対処法

花粉が顔にも付きやすいため、帰宅後は洗顔をして汚れを落としましょう。また、朝晩はまだ冷えやすく、乾燥もしやすいため、洗顔後はしっかりと保湿してください。

 

そしてニキビや肌荒れにつながるストレスは、なるべくためないように工夫しましょう。音楽を聴く、入浴する、散歩するなど、自分に合ったストレス解消法を見つけることがおすすめです。

 

夏の肌の対処法

天候や室内外に関係なく、日焼け止めクリームや日傘を使用するとよいです。汗をかくと日焼け止めクリームが流れやすいので、こまめに塗り直しましょう。紫外線対策をしっかりとすると、秋や冬に夏のダメージが持ち越されません。

 

また、エアコンによる乾燥をケアするには、保湿も重要です。夏はさっぱり系の化粧水やジェルなどがおすすめです。

 

秋・冬の肌の対処法

秋や冬は肌の水分、皮脂ともに蒸発しやすいため、乾燥対策が最も大切です。洗顔後は必ずスキンケアを行ってください。しっとり系の化粧水や乳液、クリームを使用することがおすすめです。

 

この時期に現れやすい夏に受けた紫外線ダメージも、スキンケアをして肌のターンオーバーを整えることによって、早くケアできます。また、半身浴や蒸しタオルなどで顔の毛穴を開かせ、血行を良くしてください。

 

 

肌状態は季節ごとに変化するため、生じる肌トラブルもそれに合わせて変わってきます。保湿は一年を通して基本的なケアですが、さらにそれぞれの季節に合ったケアをプラスし、年中美肌を目指しましょう!