ピンプリットに含まれる成分と効果、副作用

最近では、皮膚科で処方されるニキビ治療薬の種類が増えてきています。これに加え、薬剤師がいるドラッグストアでも、簡単に手に入る薬が増えてきています。その中でも第2種医薬品として販売されているピンプリットについて、効果や副作用、使い方などを詳しく見ていきましょう。

 

ピンプリットとは

ピンプリットは、化粧品会社の資生堂が販売しているニキビ治療の塗り薬です。第2種医薬品のため、薬事法に基づいた添付書も同封されています。一般の風邪薬などと同じように、添付書をよく読んでから使用することをおすすめします。

 

成分と効果

ピンプリットには、ニキビ改善に効果的な3つの成分が配合されています。それが、イオウ、レゾルシン、グリチルレチン酸です。イオウは肌の角質を柔らかくして毛穴を開くので、毛穴に詰まった皮脂や汚れが排出されやすくなります。

 

また、レゾルシンには抗菌作用があるため、ニキビの原因となるアクネ菌の繁殖を抑えます。さらにグリチルレチン酸には、ニキビの赤みや炎症を落ち着かせる抗炎症作用があります。この3つの成分が相互に働くことで、ニキビを早く治療する効果が期待できます。

 

特長

オイルフリーなので、ベタつかずさっぱりした使用感で、使い勝手が良いです。無香料で弱酸性でもあるので、薬品独特のニオイで悩むこともありません。また、ヒアルロン酸ナトリウム配合のため保湿効果があり、薬を塗った部位の乾燥を防ぎます。

 

無色と肌色の2つのタイプがあるので、薬でニキビを隠しながら治療することもできます。肌色タイプには酸化亜鉛が含まれ、無色のものに比べると少し乾燥しやすくなりますが、それを防ぐために濃グリセリンが配合されています。

 

副作用

第2種医薬品であるため、薬の効きは良いですが、副作用もあります。主な副作用は発疹、発赤、かゆみです。これらは必ず出現するものではありませんが、少しでも異変を感じたら使用を中止し、皮膚科を受診しましょう。

 

また、すでに皮膚科でニキビ治療を行っていたり、以前に薬でアレルギー反応を起こしたりしたことのある人は、使用前に医師や薬剤師に確認することをおすすめします。

 

使用上の注意

使用方法にも注意が必要です。薬を塗る時は用量を守り、必ず清潔な手または綿棒などを使いましょう。また、ニキビができている部分を清潔に保つことも重要です。

 

さらに、ニキビ改善には薬の使用だけでなく、洗顔の方法や食生活、睡眠時間などの見直しも重要だということを知っておきましょう。

 

薬を使い始めて1週間経っても症状が変わらない、または悪化している場合は、医師の診察をおすすめします。ニキビ以外の病気が疑われる可能性もあります。その際は、ピンプリットを使用していたことを医師に必ず伝えましょう。

 

価格

容量は肌色タイプが18g、無色タイプが15gと少し差はありますが、どちらも価格は1,000円(税抜き)です。一般的に皮膚科で治療すると、保険適応でも初診料や調剤料などで1回2,000〜3,000円ほどかかってしまいます。そのため、ドラッグストアで購入できるピンプリットは、お財布に優しいニキビ治療薬と言えるでしょう。

 

 

ピンプリットは化粧品会社が販売している薬ですが、効果が十分期待できる医薬品です。副作用が出現することもあるので、購入の際は薬剤師に相談すると良いでしょう。正しく効果的に使って、早くニキビを撃退しましょう。

 

※商品の内容および金額はすべて執筆時のものです。