皮脂を減らしてくれるパントテン酸を意識してとろう

パントテン酸は脂質や糖質の分解に携わり、エネルギーの代謝を助ける働きがあります。ニキビにとって大敵となる皮脂を減らす効果もあるので、美肌を目指すためには、パントテン酸を意識して摂ることが重要です。

 

そんなパントテン酸について、その効果や多く含む食材について、詳しく見ていきましょう。

 

パントテン酸とは

パントテン酸とは多くの食品に含まれるビタミンで、ビタミンB群の一つであるビタミンB5のことです。主に細胞や組織の正常な働きを助け、エネルギーの代謝を促し、ホルモンやコレステロール、免疫抗体などの合成に関わるなど、健康な身体を維持するのに必要な成分です。

 

消化、呼吸、発汗、代謝に関わる神経物質の生成など、心身ともに欠かせないビタミンです。パントテン酸は腸内でもつくられていますが、抗生物質を服用したり、食物繊維が不足して腸内細菌の働きが円滑でなかったりする場合には、不足してきます。不足すると食欲不振や手足のしびれ、成長障害、頭痛、疲れやすいなどの症状が出てきます。

 

パントテン酸の効果

パントテン酸は、幅広い食品に含まれている栄養素です。美容面でも健康面でも、うれしい効果がたくさんあります。主な5つの効果をチェックしていきましょう。

 

効果1. ニキビ改善

ニキビのできやすい脂性肌の人は、皮脂を過剰分泌させる男性ホルモンが多い場合がほとんどです。また女性の場合は、皮脂の分泌を抑える女性ホルモンが少ないことが多いです。パントテン酸には脂質を分解する働きがあるので、ニキビの原因となる皮脂の過剰分泌を防ぐことができます。

 

このようにパントテン酸は、肌トラブルであるニキビを改善し、美肌に導くためにも、重要な役割を担います。

 

効果2. ストレス緩和

ストレスがたまると活性酸素が増加します。活性酸素は、本来は人の身体を外の刺激から守ってくれるものですが、その防衛力があまりに強すぎるため、過剰に増えると逆に細胞を傷つけます。

 

パントテン酸は、副腎皮質ホルモンの働きを促進します。副腎皮質ホルモンが分泌され始めると、血糖値が上がります。そうなると脳や筋肉の働きが活性化して血圧が上昇し、体内の細胞に栄養を届けるので、ストレスへの抵抗力を高めます。

 

効果3. コレステロールをコントロールする

コレステロールは脂質の一つですが、善玉と悪玉の2種類があります。主に身体に影響を及ぼすものが悪玉コレステロールです。悪玉コレステロールが体内で増加すると、動脈硬化や心筋梗塞、脳梗塞などといった病気のリスクが高まります。

 

しかし、悪玉コレステロールには全身にコレステロールを行き渡らせる役割があるので、一概に悪いとはいえません。コレステロールが全身に行き渡らないと、消耗した皮膚や粘膜は再生されず、免疫力や回復力がどんどん低下していきます。

 

そんな重要な役割を持っている一方で、増えすぎると余分なコレステロールを運ぶため、悪玉と呼ばれています。悪玉コレステロールは、増えた分だけ余分なコレステロールを運びます。この量を減らすのが、善玉コレステロールの役割です。

 

そのため、悪玉コレステロールと善玉コレステロールは、バランス良く身体に保有する必要があります。そのコントロールに欠かせない栄養素が、パントテン酸です。パントテン酸には、血中の善玉コレステロールを合成し、血行を促進する働きがあります。

 

効果4. 肌と髪の健康を保つ

肌の奥にある真皮層や髪の毛は、潤いや弾力を保つコラーゲンというたんぱく質でできています。そのたんぱく質の合成には、ビタミンCが必要です。パントテン酸には、このビタミンCの働きを助ける役割もあります。

 

ビタミンCがしっかりと体内で働くと、コラーゲンが生成され、健康で丈夫な皮膚細胞がつくられます。また髪のダメージを改善し、枝毛や薄毛の予防にもなります。

 

効果5. 生活習慣病を予防

動脈硬化は、悪玉コレステロールが血管の内壁に付着して固まり、血管の通り道が狭くなることによって起こります。動脈硬化になると、心不全や脳梗塞などの生活習慣病を招きます。善玉コレステロールには、悪玉コレステロールを取り除いて血管の中をきれいにする働きがあります。

 

パントテン酸は、この善玉コレステロールを増やす働きがあるので、動脈硬化の原因である悪玉コレステロールを減らすことができます。また、パントテン酸は脂肪酸の分解を促進するので、脂肪が体内にたまるのを防ぐ働きもあります。

 

パントテン酸を多く含む食材

パントテン酸の1日あたりの摂取目安量は、成人で5mgです。パントテン酸は多くの食品に含まれているので、普段の食生活の中で知らないうちに摂取していることが多いです。特に目立って含有量が多いのは、以下のような食品です。

 

野菜類
  • アボカド 1.65mg
  • モロヘイヤ 1.83mg
  • エリンギ 1.61mg

 

豆類
  • 納豆 3.60mg
  • 落花生 2.19mg

 

肉・卵類
  • 鶏レバー 10.10mg
  • 豚レバー 7.19mg
  • 牛レバー 6.40mg
  • 卵黄 4.33mg

 

パントテン酸の摂取方法

パントテン酸は熱や水に弱いため、炒めたり茹でたりすると50%近く失われてしまいます。そのため、生で食べられるものはそのまま食べるようにすると、効率的に摂取できます。また水に溶けやすいので、多く摂りすぎてもすぐに尿として排泄されます。

 

ですから、過剰摂取の心配はありません。また体内のパントテン酸は、珈琲や紅茶などに含まれているカフェインやアルコールを摂取することによって消費されてしまいます。ですので、カフェインを含むものが好きな方は、その分パントテン酸をたくさん摂るように心がけることも重要です。

 

パントテン酸は多くの食材に豊富に含まれている栄養素なので、手軽に摂取することができます。ニキビ予防だけでなく、健康や美容のためにも、上手に身体に摂り入れましょう。