ニキビとおできやめんちょう(面疔)の違いは?

「あっ、痛い!」と感じて触ってみると、肌がプクッと盛りあがっている時はありませんか?このプクッとしたものは、ニキビだと思われがちですが、実は「おでき」や「めんちょう(面疔)」の可能性もあります。これらは、ニキビと間違えやすい症状です。それぞれの原因や特徴などを紹介します。

 

ニキビとは

ニキビとは、皮脂が様々な原因により毛穴に詰まり、アクネ菌が繁殖した状態です。アクネ菌が毛穴を炎症させると、ニキビとなって肌表面へ現れます。皮膚病の一つで、10代の思春期頃から発生しやすくなります。

 

ニキビの原因

ニキビの原因として大きく関わっているのが皮脂です。皮脂が毛穴に詰まると、ニキビができやすい肌環境になります。本来ならば毛穴は皮脂を肌の外へ排出する機能がありますが、なぜ詰まってしまうのでしょうか?

 

原因1. ホルモン

成長ホルモンや男性ホルモンには、皮脂腺を攻撃して皮脂を過剰に分泌させる働きがあります。そのため皮脂の排出が間に合わず、毛穴に詰まりやすくなります。

 

原因2. 未熟な毛穴

思春期の毛穴は、未熟で細くか弱いため、本来の毛穴の機能を十分に発揮することができません。皮脂の排出もうまくできないため、毛穴が詰まる原因になります。

 

原因3. メイクの汚れ

ほとんどのメイク用品には、油分が含まれています。メイクをするとそれらの油分が毛穴に落ち、きちんと洗い流さないと毛穴に詰まったままになります。メイクの油分も皮脂と同じ「あぶら」になるため、アクネ菌が繁殖します。

 

原因4. 乾燥

肌は乾燥を感じると、潤わせようと皮脂腺が活発に働き出します。これにより皮脂が過剰に分泌され、その結果、多すぎる皮脂が毛穴に詰まってしまいます。

 

ニキビの段階

ニキビは、痛みのない初期段階から膿を持って炎症した段階まで、4つに分類されます。それぞれの段階の特徴を見ていきましょう。

 

白ニキビ

初期段階のニキビです。白くて小さいプツプツとしたものが肌表面へ現れます。痛みやかゆみは感じません。

 

黒ニキビ

白ニキビが酸化して、黒くなった状態です。この段階も、痛みやかゆみはありません。

 

赤ニキビ

毛穴が炎症を始めて赤くなった状態のニキビです。この段階になると、痛みやかゆみの症状が出てきます。

 

黄ニキビ

膿を持ち、ニキビが黄色っぽくなった状態です。痛みやかゆみが増し、ニキビ跡として、クレーターになる可能性が高くなります。

 

ニキビケア

ニキビのケアに必要なことは、洗顔です。毛穴の汚れを取り除かなければ、ニキビはいつまでたっても治らなかったり、くり返したりします。洗顔の際は、毛穴の奥まで働きかける洗顔料を選ぶことがポイントです。

 

一般にドラッグストアでよく目にする洗顔料は、肌表面の汚れは洗い流せますが、毛穴の中まではきれいにできません。おすすめは、次の2つのタイプです。

 

クレイ洗顔

クレイは、泥で作られた洗顔料です。汚れを吸着する働きがあるので、毛穴の中の汚れを引き寄せて洗い流します。

 

酵素洗顔

酵素には、たんぱく質を分解する働きがあります。汚れはたんぱく質でできているので、毛穴の汚れを分解しながら取り除くことができます。

 

おできとは

おできとは、別名「せつ」とも呼ばれます。ニキビと同様に皮膚病の一つです。毛穴が炎症するニキビに対しておできは、毛根がある袋の毛包が黄色ブドウ球菌に感染し、炎症して現れる症状です。ニキビよりも大きめで、痛みやかゆみがあります。

 

膿が溜まっていくことにより、徐々に大きくなります。首の後ろやおしり、太ももなどにできやすく、顔以外にできる場合をおできと言います。

 

おできの原因

黄色ブドウ球菌は、ぶどうの房のように複数の菌が集まっていることから、このような呼び名がつきました。のどや鼻に多く存在しています。常在菌ですが、増えることにより炎症を起こします。以下のような原因で身体に傷がつくと、そこから黄色ブドウ球菌が侵入して増え、おできになります。

 

  • ムダ毛処理のカミソリ傷
  • 擦り傷
  • アトピーの引っかき傷

 

おできケア

おできができた場合は、つぶしたりいじったりせず、自然に治るのを待ちましょう。しかし状態がひどいと、さらなる炎症を引き起こします。痛みが強かったり膿の量が多かったりする場合は、皮膚科を受診しましょう。皮膚科では、化膿止めの内服薬を処方したり、切開して膿を絞り出す処置をしたりします。

 

めんちょうとは

めんちょうとは、顔にできるおできのことを言います。そのため、原因やケア方法はおできと一緒です。原因となる黄色ブドウ球菌は鼻に多く存在しているため、めんちょうは、顔の中でも鼻にできやすいのが特徴です。

 

鼻は突起している部分なので、手で知らず知らずに触ってしまいがちです。手には汚れが付着しているため、炎症が悪化しやすくなります。

 

 

肌にできた盛りあがりが次第に大きくなって膿を持ち始めた場合は、おできやめんちょうの可能性があります。いずれも立派な皮膚病なので、痛みを感じたら我慢せず、皮膚科に足を運びましょう。