ニキビは細菌が原因って本当?

【質問】
ニキビは細菌が原因だって、本当ですか?

 

ニキビの原因菌はアクネ菌

ニキビの原因になるのは、「アクネ菌」です。
アクネ菌は肌の常在菌で、普段は肌の表面で、
大腸菌など悪性菌が肌内部に侵入するのを防ぐなど、肌の役に立つ働きをしています。

 

ところがこのアクネ菌が、ある条件ができると悪さをすることになります。
その条件とは、毛穴に詰まった皮脂。

 

アクネ菌は、皮脂をエサとしています。
普段は肌の表面にうすく広がっているだけの皮脂が、
毛穴に詰まるとたっぷりあるわけですね?

 

それからアクネ菌は、空気が嫌い。
なので肌の表面では、空気にさらされていますから、活動が抑えられているものが、
空気がない毛穴の中では、のびのびと活動できることになるわけです。

 

そこで皮脂の詰まった毛穴内部で、アクネ菌は猛烈に繁殖することになります。
それによって炎症が起きたのが、ニキビだということなんですね。

 

アクネ菌を退治するにはどうしたらいい?

アクネ菌がニキビの原因なら、それを退治すれば、ニキビは治ると思いますよね?
それはその通りなのですが、殺菌剤などの入ったニキビケア製品は、
場合によってはニキビを悪化させることがありますので注意しなくてはなりません。

 

それは殺菌剤の刺激により、かえって肌を傷めてしまうことがあるからです。
傷んだ肌は乾燥し、ニキビへの抵抗力が低下して、
かえってアクネ菌の繁殖を許すことになりかねません。

 

それよりも、まずはアクネ菌のエサである皮脂を、毛穴から取り除くのが効果的。
エサがなければ、アクネ菌も繁殖することはできません。

 

皮脂を毛穴から取り除くには、やはり大事なのは洗顔ですね?
ですからニキビを治すためには、「洗顔がとにかく大切」ということになるわけです。