胸元ニキビの原因と治し方

鎖骨の周辺や胸の谷間などに、ニキビができたことはありますか?顔にできるニキビほどよく知られていませんが、こうした胸元にもニキビはできます。胸元ニキビの原因を知って、正しく対策をしましょう。きれいに治ると、胸元が開いた服も自信をもって着られるでしょう。

 

胸元ニキビの原因

胸元ニキビは、思春期よりも大人になってから現れることが多いです。では、胸元ニキビができる原因はどんなところにあるのでしょうか?

 

原因1. 汗がたまりやすい

胸元は汗をかきやすい場所だとは思いませんか?それは、ここに毛穴が多く、汗腺があるためです。つまり胸元は、汗や皮脂の分泌が活発で、ニキビができやすい場所といえます。そのため、かいた汗を放置すると、毛穴が詰まる原因になります。また、胸元の汚れを十分に落としきれていない時も、毛穴に詰まってニキビになってしまいます。

 

原因2. 衣服による刺激が多い

胸元は常に服や下着に覆われているということも、ニキビの原因になります。それは、分泌された汗や皮脂が服に付いてしまい、それによる刺激を常に受けることになるからです。特に通気性の悪い服や、サイズが合わなかったり締め付けが強かったりする下着は、肌との間で摩擦が起き、強い刺激になってニキビを招きます。

 

原因3. 洗浄剤の洗い残し

いくらお風呂で胸元をきれいに洗っても、ボディソープや石鹸などの洗浄剤、髪を洗う時に飛び散ったシャンプーやリンスをきちんと落とせていなければ、毛穴に詰まってしまう原因になります。特に身体の後に髪の毛を洗う人は、胸元につ付いたシャンプーやリンスを見落としがちです。

 

胸元ニキビの治し方

胸元ニキビができてしまっても、大抵は自然に治っていくはずです。しかし、ニキビを刺激したり不摂生な生活が続いたりすると、いつまで経っても消えません。ここでは、胸元ニキビを早期に治すための方法を紹介します。

 

治し方1. ニキビを刺激しない

胸元ニキビができた時は、衣服による刺激を最小限にする工夫をしましょう。ニキビに触れる下着や衣服は、汗をかいた時にはこまめに変えたり、常に清潔なものを身に着けたりという対策が効果的です。

 

また、髪の毛が長い人は、毛先がニキビに触れないように注意しましょう。髪の毛にはホコリなどの汚れが付いているので、ニキビに悪影響を与えます。

 

治し方2. 規則正しい生活をする

規則正しい生活をすると、肌の本来の機能を高めることができるので、それだけニキビが早く治ります。睡眠不足の人や睡眠サイクルがバラバラになっている人、またストレスがたまっている人は、しっかりと睡眠をとったり、ストレスを発散したりしましょう。こうした生活習慣を正すだけで、胸元ニキビに限らず、ニキビの症状を改善することができます。

 

治し方3. 清潔に保つ

汗や皮脂が毛穴に詰まらないように、清潔に保つことが重要です。入浴時に意識して洗うことはもちろん、起床時や汗をかいた時にも胸元を拭くようにしましょう。携帯用ボディシートがあると便利ですが、ニキビの炎症がひどい人や肌が弱い人は、水で濡らしたハンカチなどで拭き取ると良いです。

 

ニキビの炎症がひどい場合は、ボディソープや石鹸を使うと刺激が強すぎる恐れがあります。ニキビ対策用の洗浄剤を使ったり、低刺激のボディソープを使うことをおすすめします。そしてお風呂から上がる時には、シャンプーやリンス、ボディソープなどが胸元に残っていないかをしっかりチェックするようにしましょう。

 

胸元ニキビの再発を予防する

胸元を清潔に保ち、刺激しないように気を付け、さらに規則正しい生活をしていれば、そのうち胸元ニキビはきれいに消えていきます。しかしそれで安心して、その後のケアを怠ると、胸元ニキビが再発してしまいます。

 

上記で紹介したニキビの治し方は、ニキビが治った後も続けていきましょう。これらはすべて、再発予防としても効果的です。その他のおすすめ予防法を3つ、紹介します。

 

予防法1. 通気性が良く、締め付けの少ない下着や衣服を着ける

胸元ニキビを予防するためには、通気性の良い綿や麻の素材でできたブラジャーを着けるといいでしょう。また、締め付けが強すぎないものを選ぶことも重要です。下着だけではなく、胸元に常時触れている服の素材にも気を付けましょう。

 

肌触りの悪い素材は、肌にもよくありません。できれば綿素材の通気性の良いものや、手触りの良い素材を選ぶようにしましょう。

 

予防法2. パジャマを毎日洗う

夜寝る時にしか着ないパジャマは、毎日変えないという人が多いでしょう。しかし胸元ニキビができやすい人は、パジャマに付着した寝汗や皮脂が影響している可能性もあります。毎日パジャマを替えて、清潔なものを着るようにしましょう。パジャマの数が少ない人は、上をTシャツなどにすれば洗うのも簡単です。

 

予防法3. 食事の内容に気を付ける

揚げ物やポテトチップスなどが好きだという人は、要注意!脂質の多い食事は、ニキビの大敵です。なかでも動物性脂肪は皮脂を増やしてしまうので、摂り過ぎには注意しましょう。脂質の多いものを減らし、代わりに過剰な皮脂の分泌を抑制する効果がある栄養素をしっかり摂りましょう。

 

おすすめは、ビタミンCとビタミンBです。肌に良いことで知られるビタミンCは、柑橘系をはじめとした果物や緑黄色野菜に多く含まれています。またビタミンBは、豚肉や鶏肉などに含まれています。

 

 

胸元を清潔に保ち、生活習慣に気を付けるというごく簡単なことで、胸元ニキビは対策ができます。きれいな胸元を保って、いつでもどんな服も着られるようにしておきましょう。