メンソレータムのアクネスに含まれる成分と効果、副作用

ニキビができて気になるけど、皮膚科に行くほどでは…と思っている人も多いでしょう。最近ではそんな人にもうれしい、ドラッグストアで購入できるニキビ薬が次々と販売されています。その中のひとつ、メンソレータムのアクネスとはどんな薬なのか、その効果や副作用などを詳しく見ていきましょう。

 

メンソレータムのアクネスとは

ロート製薬では、洗顔フォームや化粧水など、「アクネス」という名前でいろいろな医薬部外のニキビケア商品を販売しています。そのなかで唯一、第2種医薬品として販売されているニキビ治療の塗り薬が、メンソレータムのアクネスです。

 

医薬品なので、薬事法に基づいた添付書が同封されています。添付書をよく読んでから使用するようにしましょう。

 

成分と効果

主な成分はイオウ、レゾルシン、グリチルレチン酸、ビタミンE誘導体の4種類です。イオウは角質を柔らかくするので、毛穴を開き、詰まった皮脂や汚れの排出をスムーズにします。レゾルシンには殺菌作用があるため、細菌感染したニキビに効果があります。

 

また、グリチルレチン酸には抗炎症作用があるため、赤く腫れて痛みのあるニキビの炎症を抑えます。さらにビタミンE誘導体には血行をよくする作用があるので、ニキビによって炎症を起こして傷ついた肌の回復を促します。

 

微量ですがアルコールも含まれているので、少し清涼感を感じる付け心地になっています。

 

副作用

第2種医薬品のため効果は得やすいですが、副作用もつきものです。主な副作用として発赤、発疹、かゆみがあります。しかし、使用したからといって必ず副作用が出現するわけではありません。少しでも異常を感じたらすぐに使用を中止し、医師や薬剤師に相談しましょう。

 

また、皮膚科でニキビ治療を受けていたり、今までに薬でアレルギー反応が出現したりしたことのある人は、医師や薬剤師に相談してから使用しましょう。

 

使用上の注意

副作用のような症状にはもちろん注意してほしいのですが、使用方法にも十分注意したいものです。用量用法を守るのは当然のことですが、まず洗顔の方法や食生活、睡眠時間などの見直しも重要になります。

 

また、薬を塗る時は清潔な手または綿棒などを使用し、ニキビができた部分を清潔に保つことも重要です。薬を使い始めて1週間経ってもニキビが良くならない場合は、薬の効果が期待できないため医師の診察をおすすめします。その際はアクネスニキビ治療薬を使用していた旨を伝えることも大事です。

 

価格

メンソレータムのアクネスはクリームタイプで、チューブの容器に入って販売されています。1本18g入りで980円(税抜)です。皮膚科を訪れてニキビ治療をすると、保険適応でも初診料や調剤料などが含まれ、1回2,000〜3,000円ほどかかるのが一般的です。

 

アクネスニキビ治療薬はドラッグストアで簡単に購入できるので、とても手軽なうえ、安価で経済的にやさしいと言えます。

 

 

さまざまなニキビケア商品と同じ名前がついているニキビ治療薬のアクネスですが、第2種医薬品として十分な効果が得られる薬です。そのため、添付書をしっかり読んで、用量用法など正しく守って使いましょう。購入の際は薬剤師さんに相談してみるのもいいかもしれませんね。

 

※商品の内容および金額はすべて執筆時のものです。