抗生物質やステロイドなどのニキビ治療薬の効果、副作用

ニキビを早く治したいと、皮膚科に通う人も多いでしょう。そんな皮膚科で処方される薬にはどんな種類があって、ニキビ改善にどう働いているのか知っていますか?

 

ニキビの種類によって抗生剤やニキビ治療薬を使い分けるので、自分のニキビに合う薬を見極めて使い、早くキレイな肌を取り戻しましょう。

 

ニキビに使用される治療薬

近年、皮膚科で処方されるニキビ治療薬は、外用薬も内服薬もいずれも研究が進み、日本で保険適用になる薬も増えつつあります。そのなかでも、一般的に皮膚科で処方される薬について、詳しく説明していきます。

 

外用薬

外用薬とは、ニキビに直接塗って効果が期待できる薬のことで、皮膚科で処方されることが多い薬です。最近になって保険適用になった薬も多い一方で、効果がない場合や副作用があると言った症例も多いようです。

 

では、外用薬の効果や副作用などを、薬の種類ごとに詳しく見ていきましょう。

 

ディフェリンゲル

2008年に日本で認可された、比較的新しい塗り薬です。欧米では10年以上前から一般的に使用されていました。現在皮膚科で処方される頻度が高い外用薬で、上位にランキングします。

 

成分と効果

ビタミンAの一種であるアダパレンが主成分です。この成分は皮膚の角質層を薄くし、毛穴の詰まりを防ぐ効果があります。そのため、白ニキビといわれる角栓が詰まった状態のニキビに効果的です。赤みや痛みのあるニキビには適しません。

 

副作用と注意点

皮膚の角質層を薄くするため、乾燥や赤み、ヒリヒリ感が出現することがあります。1日1回、洗顔後に化粧水を塗ってからニキビに塗布します。早く治したいからと1日に何度も重ね塗りしたり、化粧水でケアせずに塗布したりすると、副作用が強く出現する可能性があるので、注意が必要です。

 

ダラシンゲル、アクアチムクリーム

この2つは抗菌剤の塗り薬で、効果はほぼ同じです。ダラシンにはローションタイプとゲルタイプ、アクアチムにはローションタイプとクリームタイプ、軟膏タイプがあります。どちらもローションタイプは乾燥しやすく、ニキビには使用しにくいため、皮膚科ではあまり処方されません。

 

また、アクアチムの軟膏は油分が多くベタつくため、ニキビに使用されることは少ないです。

 

成分と効果

ダラシンゲルにはクリンダマイシン、アクアチムクリームにはナジフロキサシンという抗菌剤が配合されています。抗菌剤は、アクネ菌や黄色ブドウ球菌に感染したニキビを殺菌し、炎症を抑える効果があります。そのため、菌によって炎症を起こしている赤ニキビや黄ニキビに効果的です。

 

副作用と注意点

いずれも、かゆみや赤み、ヒリヒリ感などが出現することがあります。また、アクアチムクリームは日光に当たると赤くなったり腫れたりすることがあります。

 

抗菌剤は、長い間使い続けることで耐性菌ができる可能性があるため、使い始めて1ヶ月経っても効果がでない場合は、再度医師の診察を受けることをおすすめします。

 

1日2回、洗顔後に化粧水を塗ってからニキビだけに塗布します。ニキビ以外の部位に塗ると、耐性菌を早くつくるだけでなく、肌の善玉菌まで殺菌してしまうので注意が必要です。

 

ベピオゲル

2015年に日本で認可された新しい薬です。こちらもディフェリンゲルと同様、欧米では以前から一般的に使用されています。かなり新しい薬のため、まだ皮膚科でも取り扱っていないところもあります。

 

成分と効果

主成分は過酸化ベンゾイルという成分で、アクネ菌や黄色ブドウ球菌などに対して抗菌効果があります。また、この成分は皮膚の角質層を剥がしやすくするため、ディフェリンゲルと同じように毛穴の詰まりを防ぐ効果があります。このことから、赤ニキビや黄ニキビ、白ニキビにも効果的です。

 

副作用と注意点

赤みやかゆみ、ヒリヒリ感、腫れ、乾燥が主な副作用です。また、過酸化ベンゾイルのアレルギーがある人は、症状が急激に強く出現するため、注意が必要です。

 

過酸化ベンゾイルは抗菌剤ではなく、化学的な刺激によって抗菌作用が働くため、耐性菌をつくりだすことはありません。そのため、長期使用もできます。1日1回、洗顔後に化粧水を塗ってからニキビに塗布します。紫外線に当たることでシミになるため、寝る前の使用がおすすめです。

 

その際も日中は日焼け止めなど使用し、紫外線対策をしましょう。また、過酸化ベンゾイルは酸化剤のため、漂白効果もあります。衣類に付着すると色落ちすることがあるので、気をつけましょう。

 

デュアック配合ゲル

ベピオゲル同様、2015年に日本で認可された新しい薬です。1999年にメキシコで認可されて以来、世界80か国で使用されているニキビ治療薬です。

 

成分と効果

ダラシンゲルとベピオゲルの配合薬なので、クリンダマイシンと過酸化ベンゾイルの2つが主成分です。そのため、ダラシンゲルとベピオゲル両方の作用があり、赤ニキビや黄ニキビ、白ニキビに効果があります。

 

副作用と注意点

ダラシンゲルやベピオゲルの副作用同様、赤みやかゆみ、ヒリヒリ感、乾燥などが主な副作用です。こちらも、過酸化ベンゾイルにアレルギー反応のある人は注意が必要です。また抗菌剤配合のため、長期使用は耐性菌ができてしまい、おすすめできません。

 

1日1回、洗顔後に塗布します。予防効果もあるため、ニキビができやすい部位全体に使用できます。紫外線に当たることでシミになるため、寝る前の使用がおすすめです。

 

内服薬

皮膚科で処方される内服薬には、さまざまな種類があります。外用薬と同様、ニキビの種類によって使い分けることが多いです。また、外用薬と併用して使う内服薬もあります。

 

抗菌剤

一般的にニキビの治療で使用される抗菌剤は、ミノマイシン、クラリス、ルリッドが多いです。耐性菌を避けるため、ミノマイシンを使用する皮膚科が多いです。

 

成分と効果

3種類ともに抗菌剤なので、アクネ菌や黄色ブドウ球菌を殺菌する効果があります。感染を起こして腫れや痛みがあり、化膿している赤ニキビや黄ニキビに効果的です。

 

副作用と注意点

同じ抗菌剤といっても、それぞれの薬が属する系統が違うので、ミノマイシンでは副作用がでない人でも、クラリスでは副作用がでる人もいます。外用薬とは違い内服薬なので、胃痛や吐き気、下痢、湿疹など身体の内側から副作用がでます。

 

少しでもおかしいと思うことがあれば、すぐに服用を中止し、医師に相談しましょう。また、抗菌剤は外用薬同様に、長期服用で耐性菌ができます。そのため内服は1〜2週間ほどにし、それでもニキビが改善しない場合は再度皮膚科に足を運びましょう。

 

抗炎症剤

赤ニキビや黄ニキビは、アクネ菌や黄色ブドウ球菌などに感染して炎症を起こしています。そのため早く炎症を治すためには、抗炎症剤を使用することがあります。ニキビ治療にはブルフェンが使用されることが多いです。

 

成分と効果

ブルフェンはイブプロフェンが主成分で、抗炎症・解熱・鎮痛作用があります。赤ニキビや黄ニキビの治療に効果的です。

 

副作用と注意点

ほとんどの場合、副作用はありません。しかし、ごくまれに胃痛、腹痛、湿疹などの症状が出現することがあります。

 

ビタミン剤

皮膚科では、外用薬と併用してビタミン剤を処方することがあります。ビタミンといっても種類は豊富で、それぞれ効果も違います。主にハイボン、ピドキサール、シナールが使用されます。

 

成分と効果

ハイボンはビタミンB2製剤で、皮脂の分解作用があります。そのため、過剰な皮脂の分泌でできるニキビを予防・改善できます。

 

ピドキサールはビタミンB6製剤で、皮膚や粘膜を正常な状態に保つ働きがあります。
シナールはビタミンC製剤で、抗酸化作用や抗炎症作用があります。また、皮膚を健康な状態に保つのに効果的なパントテン酸も含まれています。

 

副作用と注意点

これらのビタミン剤は水溶性ビタミンなので、過剰摂取しても、身体にとって不必要な分は尿に溶け込んで排出されます。そのため、特に副作用はありません。

 

いずれのビタミンも元々食品に含まれる成分ですが、不足すると肌トラブルを起こす原因になるため、ニキビ治療で併用することが多いです。また、ニキビが治っても予防的に続けて内服することもあります。

 

 

最近は新しい薬も次々と認可され、皮膚科でのニキビ治療も行いやすくなりました。しかし使い方を間違えると、薬の本来の力が発揮されないこともあります。自分のニキビに合った薬を処方されたら、それを正しく使用して、少しでも早くキレイな肌に戻しましょう。