ニキビが顔の右や左の片側だけに発生する原因は?

顔の右や左の片側にだけニキビができるという人は、生活習慣に原因がある可能性が高いです。自分ではなかなか気づけないちょっとしたクセが、思わぬ要因になっているかもしれません。まずはニキビそのものができる原因についてチェックしたうえで、顔の片側だけに集中してしまうニキビについて、詳しく見ていきましょう。

 

ニキビのできる原因

ホルモンバランスが乱れると、皮脂がたくさん分泌され、毛穴に詰まってニキビが発生します。ニキビは特に、皮脂の分泌が活発な場所にできやすいです。まずは、皮脂が増える5つの原因をチェックしていきましょう。

 

原因1. 男性ホルモン

特に男性に多いホルモンですが、女性の身体にも分泌されています。男性ホルモンには、皮脂分泌を活発にする働きのほか、角質を厚くする働きがあります。そうなると毛穴がふさがり、そこに皮脂が詰まってニキビの原因になります。

 

原因2. 成長ホルモン

身体が成人へと成長するときに大きな変化が現れる時期を思春期と言います。その時期に成長を促すために大きな働きをしてくれるのが成長ホルモンです。成長に欠かすことのできない成長ホルモンは、ニキビの原因となる皮脂を過剰に分泌させてしまいます。

 

原因3. 黄体ホルモン

生理周期に分泌される黄体ホルモンは、男性ホルモンと構造が似ていて、同じように皮脂分泌を活発にする働きがあります。特に生理前はこの黄体ホルモンの働きによって急に増え始めた皮脂が毛穴に詰まり、ニキビができやすくなったり、悪化したりします。

 

原因4. 糖質の過剰摂取

炭水化物などの糖質を過剰に摂ると、その糖質を代謝しようと、身体はビタミンB群を必要とします。しかし、ビタミンB群には皮脂の量をコントロールする働きもあるため、糖質の代謝に使われると、皮脂を抑えることができなくなってしまいます。

 

原因5. ストレスや睡眠不足

過剰なストレスや睡眠不足は、自律神経とホルモンバランスを乱し、皮脂を過剰にします。またストレスによって、皮脂の量を高める男性ホルモンが、男女ともに分泌されるようになります。さらに女性の場合は、ストレスによって皮脂を抑える働きのあるエストロゲンが減少するため、皮脂の分泌が増えてしまいます。

 

片側だけにニキビができる原因と対処法

ちょっとしたクセや生活習慣が肌への刺激となり、それが顔の片側だけにニキビを誘発しているかもしれません。この機会に、自分の習慣を見直してみましょう。

 

寝ている姿勢や寝具の汚れ

原因の一つに、寝ている間の姿勢が考えられます。寝るときに右や左の片側を向いて寝るクセのある人は、片側だけにニキビができることがあります。枕と顔が擦れるとそれが刺激となり、ニキビができたり炎症が悪化したりします。クセがあると自覚している人は、意識的に左右交互に寝る習慣をつけましょう。

 

また、普段使っている枕やシーツなどの寝具は、頻繁に洗濯をしないと、汗や汚れがたまってダニや雑菌が繁殖しやすい環境になります。そこに右頬か左頬をつけて寝ると、ニキビが発生します。そのため、寝具を清潔に保つことが大切です。3日に1度は洗濯する習慣をつけると、ニキビの改善が期待できます。

 

顔の片側だけ触るクセがある

肘をついて無意識に片側の頬を触るクセがある人は、注意が必要です。雑菌のついている手で頬を触ることで、肌を刺激し、炎症・ニキビを起こす可能性があります。

 

また、一度ニキビができると気になってさらに触ってしまう人も多いため、なかなか治らない負のループに陥りがちです。肘をついたり片側の頬を触ったりするクセは、意識して止めるようにしましょう。

 

顔の片側にだけ髪がかかっている

髪の毛には、目に見えないホコリや汚れが意外についています。その髪が頬にかかると刺激となり、ニキビが生じる原因になります。そのため、なるべく髪が顔にかからないように、ゴムで結んだりピンで留めるなどの対策をしましょう。

 

紫外線

会社や学校の座席が窓際である場合、それが顔の片側のニキビの原因になっているかもしれません。窓から差し込む紫外線が顔の右か左、どちらか片側にだけ当たった状態だと、紫外線は片側の肌にだけダメージを与えます。

 

肌はその刺激を防ごうとして、角質を厚くします。そうなると角質で毛穴がふさがり、そこに皮脂がたまってニキビができ始めます。屋内にいても日焼け止めを塗ったり、カーテンなどで紫外線を遮断したりすることが大切です。

 

 

顔の片側だけにニキビができる悩みをもつ人は、まずはその原因を知り、それに合わせた対処をしましょう。自分のクセや生活習慣を意識して見直すことで、右側も左側も美しい肌を手に入れられるでしょう。