毛穴を詰まらせる皮脂を完全に洗い流せばニキビにならない?

ニキビ=皮脂というイメージをもっている人は多いでしょう。たしかに皮脂が原因でニキビはつくられます。特に思春期は、見た目にかなり敏感になります。早く治したいからと、皮脂を流すために洗顔料を使って何度も顔を洗っていませんか?

 

しかし、この行為が、あなたのニキビを増やす原因になっているかもしれません。ニキビがつくられるメカニズムとともに、皮脂の役割について詳しく解説します。

 

ニキビができるメカニズム

あの人はニキビなんてないのに、なぜ私だけ…などと悩んでいませんか?なかなか治らないニキビ、くり返すニキビは、どのようにつくられるのでしょうか?まずはそのメカニズムを順番に見てみましょう。

 

メカニズム1. 皮脂腺の働き

私たちの身体には、汗を出す汗腺があるように皮脂を出す皮脂腺が存在します。この皮脂腺は、Tゾーンと呼ばれるおでこと鼻のラインに多くあるため、おでこと鼻にニキビが出やすくなります。

 

皮脂腺はちょっとした刺激でも皮脂の分泌を過剰にする性質があります。この刺激の一つが、成長ホルモンです。成長ホルモンは、身体を子供から大人へ成長させるために欠かせないホルモンで、思春期になると活発になります。

 

男女ともに身長が伸び、男性は濃いヒゲや声変わり、女性は胸の膨らみや生理などが起こります。身体はこの成長ホルモンを敵だと勘違いし、皮脂腺を守ろうと皮脂を過剰に分泌して抵抗します。これにより、皮脂が過剰になるのです。

 

メカニズム2. 毛穴に皮脂が詰まる

通常、皮脂腺から出された皮脂は、毛穴を通って肌の外に排出されます。きちんと皮脂が排出されると、ニキビはつくられません。逆にニキビができるのは、皮脂が毛穴に詰まっているからです。

 

思春期の毛穴はまだ未熟で、皮脂の通り道がか弱く細いです。そのため、成長ホルモンの働きにより過剰になった皮脂の排出に追いつかず、毛穴に詰まります。

 

メカニズム3. 悪玉アクネ菌の繁殖

アクネ菌はニキビの元となる菌で、正式名称をプロピオバクテリウム・アクネスと言います。このアクネ菌は、元々私たちの身体にいる常在菌です。では、なぜニキビのない人がいるのでしょうか?それは、アクネ菌でも善玉アクネ菌と悪玉アクネ菌があるためです。

 

善玉アクネ菌

肌を弱酸性に保ち、外からの刺激や雑菌の繁殖を防ぐ働きをします。また、殺菌作用もある菌です。

 

悪玉アクネ菌

皮脂を大好物とする菌です。皮脂が毛穴に詰まると、悪玉アクネ菌にとって天国になります。過剰になった皮脂をエサとし、悪玉アクネ菌は次々に繁殖します。

 

メカニズム4. リパーゼ酵素による炎症

悪玉アクネ菌は皮脂を食べ繁殖しながら、リパーゼ酵素という脂肪分解酵素を発生させます。リパーゼ酵素により皮脂は分解され、遊離脂肪酸に変化します。遊離脂肪酸は炎症を促進する働きがあるため、毛穴が刺激されて炎症したものがニキビとなって肌へ現れます。

 

そもそも皮脂って必要?

ニキビの原因になるし、テカるし、べたつくし、皮脂って必要ないのでは?と思う人も多いでしょう。しかし、皮脂は肌にとって必要なものです。

 

皮脂と汗が混ざり合うと、皮脂膜という薄い膜がつくられます。この皮脂膜は私たちの肌表面を覆い、肌にうれしい効果をもたらします。皮脂膜の2つの働きを見てみましょう。

 

働き1. バリア機能を高める

私たちの周りには、生活する中で避けられない刺激がたくさんあります。その一つがシミやシワの原因になる紫外線です。

 

皮脂膜がない肌はバリア機能がないため、紫外線が肌の内部にダイレクトに侵入し、水分を維持するヒアルロン酸やハリを保つコラーゲンを壊します。また、肌を守ろうとメラノサイトがシミの元となるメラニンを大量に生産し、シミのできやすい環境にします。

 

一方、皮脂膜があると、肌表面に皮脂の膜が張られているので、バリア機能が高くなります。そのため、紫外線の侵入を防ぎ、メラニンの生成も抑制します。

 

働き2. 水分の蒸発を防ぐ

皮脂膜は、肌内部の水分の蒸発を防ぐ蓋の役割もします。そのため、乾燥や乾燥によるシワ、くすみなどを改善します。

 

お風呂を沸かした後、お風呂に蓋をしないと蒸発によりお湯は冷めやすくなります。しかし、蓋をしていると蒸発を防ぐため、お湯は冷めにくくなります。これと同じことです。

 

洗顔しすぎはNG!?

早くニキビを治したい気持ちから、洗顔をしすぎていませんか?洗顔を何度も行うと、必要な皮脂までも洗い流して乾燥し、さらにニキビを悪化させてしまいます。そのため、なかなか治らなかったり、くり返したりと、いつまでもニキビに悩まされる状態に陥ります。

 

では、乾燥がニキビを引き起こす原因を見てみましょう。

 

原因1. バリア機能の低下

乾燥している状態は、肌に皮脂膜が張られていません。そのためバリア機能が低下します。これを必死に防ごうと、皮脂は過剰に分泌されるようになり、結果ニキビになります。

原因2. ターンオーバーの乱れ

私たちの肌は、28日サイクルで肌の生まれ変わりが行われています。これをターンオーバーと言います。しかし、肌が乾燥すると肌表面は固くなり、古い角質をはがすことができず、ターンオーバーが乱れます。

 

そうなると、古い角質はミルフィーユのように肌表面へ重なり、毛穴に入り込んで毛穴をふさぎます。これによって皮脂は排出する出口をなくし、毛穴にたまり、ニキビになります

 

通常の洗顔は肌表面の汚れは洗い落とせますが、毛穴の中までキレイにするのは難しいです。思春期ニキビは、毛穴の皮脂を取り出しながらも、皮脂を落としすぎないことが大切です。そのためには、毛穴の中まで洗い流せる洗顔料を選びましょう。

 

 

このように、皮脂をすべて洗い流す=ニキビはできない、とは誤った考え方です。皮脂は私たちの肌に少なからず必要です。毛穴の中まで働きかける洗顔料を選んで、皮脂を落としすぎないように思春期ニキビを改善・予防し、ニキビに悩まない生活を送りましょう!