皮膚科で処方されるディフェリンゲルとダラシンの効果、副作用

ニキビが気になって皮膚科を受診する人は多くいますが、皮膚科で処方される治療薬には実際にどんな効果や副作用があるのか、知らない人もいるでしょう。キレイにニキビを治すためにも、代表的な薬の効果や副作用、正しい使い方などを知っておきましょう。

 

皮膚科で処方されるニキビの薬

皮膚科で処方される治療薬には、いろいろな種類の外用薬や内服薬があります。そのなかでも、使用方法を間違えると逆に悪化につながる危険がある、直接ニキビに塗るタイプの外用薬について詳しく説明します。

 

ディフェリンゲルとは

ニキビ改善の効果が高いと、欧米では10年以上前から認可されているニキビ治療薬です。日本では、2008年に認可されました。認可により保険適用され、ニキビに悩む人たちが安い価格で治療できるようになりました。

 

成分と効果

乳白色でゲル状のディフェリンゲルの主成分は、アダパレンというビタミンAの仲間です。この成分は、肌の角質層を薄くして毛穴の詰まりを防ぐ効果があります。つまり、毛穴に皮脂や汚れが詰まってできる白ニキビには、とても効果が高いです。

 

逆に赤みや腫れ、痛みがあるような赤ニキビ・黄ニキビに関しては、ディフェリンゲルだけでは効果が期待できません。

 

副作用

肌の角質層を薄くするため、使用する頻度に関わらず、乾燥や赤み、ヒリヒリ感が出現することがあります。また、ビタミンAの過剰摂取は胎児の奇形を起こすとされているため、妊娠の可能性があったり妊娠中だったりする女性は、使用禁止になっています。

 

正しい使用方法

1日1回、寝る前の洗顔後に、化粧水で保湿ケアしてから塗布します。化粧水なしで塗布すると、乾燥の副作用が強く出現することがあります。ニキビができている部位より少し広めに塗り広げましょう。

 

早く治そうと何度も塗り重ねても、効果は変わらない一方で副作用が強く出ることがあるので、過剰に塗るのは控えましょう。

 

ダラシンとは

抗菌剤の塗り薬で、皮膚科ではよく処方される外用薬です。ダラシンにはゲルとローションがありますが、ローションは乾燥しやすいことから、ゲルタイプを処方されることが多いです。この薬も保険が適用されるため、安い価格で治療することができます。

 

成分と効果

ダラシンの主成分は、クリンダマイシンという抗菌剤です。赤ニキビや黄ニキビのように、アクネ菌や黄色ブドウ球菌に感染しているニキビに対して、殺菌力を発揮します。

 

また、抗炎症作用もあるので、赤みや痛みを落ち着かせる効果もあります。感染を起こしていない白ニキビやニキビ跡には、全く効果が期待できません。

 

副作用

ディフェリンゲルに比べると、ダラシンの副作用はほとんどありません。しかし、まれに赤みやヒリヒリ感、乾燥を感じることがあります。抗菌剤のため、長く使っていると耐性菌ができて、効果が現れにくくなることがあります。

 

正しい使用方法

1日2回、朝と夜の洗顔後に、化粧水で保湿ケアしてから薬を塗ります。耐性菌ができやすいため、必ずニキビだけに使用し、そのほかの部位には塗り広げないようにしましょう。また、感染を治療する目的なので、赤みや痛みが治れば、使用を中止しましょう。短期間の使用をおすすめします。

 

ディフェリンゲルとダラシンの同時処方について

皮膚科では、しばしば両方の薬を同時に処方されることがあります。これは、ニキビの種類によって使い分けるためです。たくさんニキビができていても、一つ一つ症状は違います。それぞれのニキビに合った薬を正しく塗ることで、薬の効果が期待できます。

 

アクネ菌や黄色ブドウ球菌に感染して赤みや痛み、膿が出るなどの症状が現れる赤ニキビ、黄ニキビには、まずはダラシンゲルを塗って殺菌します。赤みや痛みがなくなってきたら、次にディフェリンゲルに切り替えて、毛穴の詰まりを治します。

 

赤みも痛みもない白ニキビには、ディフェリンゲルを塗って毛穴の詰まりを治します。ダラシンゲルを塗る必要はありません。

 

 

どの塗り薬も、大前提として清潔な手または綿棒で塗布することが大事です。雑菌がついた手で薬を塗るのは、患部に毒を塗っているのと同じことです。皮膚科で処方された薬も、使用方法を間違うと副作用が出現しやすくなったり、ニキビが悪化したりすることがあります。

 

それぞれ正しく使い、キレイな肌を取り戻しましょう。