唇にできるニキビは口唇ヘルペスの可能性があるので注意しよう

可愛いリップを塗っても、唇にニキビがあったら台無しです。でもそれ、本当にニキビでしょうか?もしかしたら、口唇ヘルペスかもしれません。口唇ヘルペスだと、傷跡が残ったり、ほかの人に感染したりする恐れがあります。ニキビとの違いや見分け方、治療方法を知っておきましょう。

 

口唇ヘルペスとは

唇の周りに、ヒリヒリ感やピリピリ感を伴う赤い水ぶくれができるのが、口唇ヘルペスです。一度ウイルスに感染すると、体調を崩した時に症状が現れやすくなる”できもの”で、「熱の華」や「風邪の華」と言われることもあります。

 

一度発症すると何度も再発することがありますが、原因や治療法を知っておくと、症状がひどくなる前に対処できるでしょう。そのまま放置しても、10日〜2週間程度で治ることがほとんどです。

 

ただし、症状が出ていなくてもリスクはありますが、症状が出ている時はウイルスが特に増殖しているので、他人に感染させてしまう危険性が高いです。そのため、早期の治療をおすすめします。

 

原因

口唇ヘルペスの原因は、単純ヘルペスウイルスです。このウイルスは感染力が強く、感染した人が使用したタオルやグラスなどから簡単に感染してしまいます。一度感染しても無症状の状態が続くため、知らずに他人に感染させてしまうこともあります。

 

多くの場合、子供の頃に感染していますが、症状が全く出ずに大人になってから症状が出る場合もあります。大人になってから初めて感染すると、唇の症状だけでなく、高熱が出たりリンパが腫れたりと、症状が重くなる傾向があるようです。

 

ニキビとの違い、見分け方

ニキビの症状はプツっと膨らむことから気づくことが多いですが、口唇ヘルペスの場合はムズムズ感やチクチク感など、唇の周りの違和感から始まります。そこから半日ほどで赤みや腫れが出てきます。

 

そして、1〜3日ほどでその赤く腫れた部位に、水ぶくれができます。この水ぶくれをつぶしてしまうと、なかから出てきた汁にはたくさんのウイルスがいるので、付着した部位に感染が広がります。

 

通常ニキビは毛穴にできるため、唇の上にできた”できもの”は、口唇ヘルペスを疑って良いでしょう。また、唇と皮膚の境目にできた場合は、痛みやかゆみがあれば口唇ヘルペスの可能性があります。

 

治療方法

現在の医療では、単純ヘルペスウイルスを完全に退治することはできません。しかし、ウイルスの活動が活発になって現れる症状を抑えることはできます。まずは皮膚科で、医師に診察してもらうことをおすすめします。

 

ウイルスの活動を抑えるのに効果的な抗ヘルペスウイルス薬のほか、その時の症状に合わせて抗生剤やビタミン剤などの処方もしてくれます。

 

ドラッグストアなどにも、ヘルペスウイルス用の薬が販売されています。しかし種類が豊富なので、薬剤師と相談して自分に合った薬を選ぶようにしましょう。

 

予防方法

単純ヘルペスウイルスは、一度感染すると症状が出ていなくてもウイルスは神経細胞に身を潜め、身体の免疫力が低下するのを待っています。そして免疫力が弱ると活動を活発化させ、唇に水ぶくれをつくるなど症状を引き起こします。

 

これらのことからも、身体の免疫力を弱めないようにすることが、一番の予防方法です。バランスの良い食事や質の良い睡眠をとり、ストレスや疲労をためないなど、日々の生活習慣を正すことが大切です。

 

また、口唇ヘルペスの症状が出ている人との接触に注意し、同じタオルやグラスを使わないようにしましょう。

 

 

口唇ヘルペスは、専用の薬でしか治りません。特に症状が現れている時は、感染の危険性も高まっています。大切な人に感染しないよう、早めに治療するようにしてください。