ニキビにベビーパウダーは効果がある?

多くの中高生を悩ませる思春期ニキビ。デリケートな年代だけに、少しでも早くきれいに治したいですよね。

 

思春期ニキビを治す方法はいろいろとありますが、なかには、ベビーパウダーでニキビが良くなったという人もいるようです。

 

そこで、ベビーパウダーが本当に思春期ニキビに効果があるのかどうか、詳しく見ていきましょう。

 

思春期ニキビはなぜできるの?

中高生になると、それまでつるつるだった肌にポツポツとニキビができ始める人も多いです。なかには、顔中がニキビだらけになり、それが大きな悩みになることもあります。

 

なぜ、思春期になると急にニキビができ始めるのでしょうか?まずは、思春期ニキビの特徴を確認しましょう。

 

思春期ニキビの原因とできやすい場所

思春期ニキビは、皮脂の分泌が活発になることが原因で起こります。特におでこや鼻にできやすいのが特徴です。

 

おでこや鼻には皮脂腺が多く、皮脂がたまった毛穴にニキビの原因になる「アクネ菌」が侵入し、増殖するからです。気温が上がる春から夏にかけては、特に皮脂の分泌が活発になるので、思春期ニキビができやすくなります。

 

皮脂の分泌が活発になる要因

思春期に皮脂の分泌が活発になる要因には、「成長ホルモン」が密接に関係しています。男性らしい、女性らしい身体になるために必要な成長ホルモンですが、活発に分泌されると皮脂腺が刺激され、皮脂が過剰になってしまいます。

 

また、次のようなことも、皮脂の分泌を活発にする要因になります。

 

  • 睡眠不足やストレス
  • 脂っこい食事や甘い物の摂り過ぎ
  • 紫外線

 

ベビーパウダーとは?

それでは、思春期ニキビに効くと言われているベビーパウダーとは、どんなものなのでしょうか?その成分や目的について、見ていきましょう。

 

ベビーパウダーは何からできているの?

ベビーパウダーは、主に鉱石を粉砕したタルクという天然成分や、コーンスターチからできています。赤ちゃんにも使えるので、安全性の高い製品です。

 

ベビーパウダーの主な使用目的とは?

ベビーパウダーは、赤ちゃんが次のような状態のときに主に使います。

  • オムツで蒸れたとき
  • 汗をかいているとき
  • あせもが出ているとき

 

つまり、不快な状態を改善して、肌をサラサラにするためです。

 

また、最近はファンデーションや仕上げ用のお粉の代わりに、ベビーパウダーを使う女性も増えてきています。肌の皮脂を吸着してくれるので、肌がサラサラになり快適なのがその理由です。

 

このほか、洗顔料にベビーパウダーを混ぜて使用するという方法もあります。毛穴の皮脂汚れを吸着する効果を期待できます。

 

思春期のニキビにベビーパウダーを使用すると?

では、思春期ニキビを改善する目的でベビーパウダーを使うと、どうなるのでしょうか?ベビーパウダーには皮脂を吸着する効果がありますが、ニキビで炎症を起こした肌に塗ると、毛穴にベビーパウダーが詰まり、ニキビが出やすくなったり、悪化したりする恐れがあります。

 

さらに、ベビーパウダーは粒子がとても細かいため、毛穴に入り込むと、普通に洗顔してもなかなか洗い流せません。

 

思春期のニキビにベビーパウダーが効くという情報が流れた原因は?

なぜ、思春期ニキビはベビーパウダーで治せるといった情報が、インターネット上で話題になったのでしょうか?

 

どうやら、ベビーパウダーは汗や皮脂を吸って肌がサラサラになるから、ニキビにも効くだろう、というイメージが先行してできあがった情報のようです。

 

また、ベビーパウダーの成分の1つである「亜鉛華軟膏」がニキビの治療薬にも入っているため、誤った情報が流れたようです。

 

しかし残念ながら、ベビーパウダーに入っている「亜鉛華軟膏」は、ニキビを治すほどたくさんの量ではありません。

 

思春期ニキビを改善するには?

それでは、思春期ニキビを改善するには、具体的にどうすれば良いのでしょうか?

 

インターネット上などでは、思春期ニキビの治療法に関する情報があふれていますが、それで治った人もいれば、逆に悪化してしまう場合もあります。

 

このようなその場しのぎの方法には、注意が必要です。それよりも、思春期ニキビの原因を取り除くことができる、基本的な方法がおすすめです。

 

改善策1.適度な洗顔をしましょう

朝晩1日2回、洗顔をしましょう。皮脂の分泌が多いからと1日に何回も洗顔する人がいますが、それは逆効果です。なぜなら、洗顔で皮脂を取りすぎると、逆に肌は皮脂不足になり、余計にたくさんの皮脂を分泌してしまうからです。皮膚には適度な皮脂が必要です。

 

ニキビが出ているときは、正常な肌の状態ではありません。そのため、天然成分由来で肌にやさしい洗顔料が良いでしょう。日本人の肌に合わせた、刺激の少ないものがおすすめです。

 

また、学校に部活に遊びにと忙しい中高生は、よりシンプルな洗顔料を選ぶと毎日続けやすいでしょう。最近は、洗顔料1本で洗顔、保湿、トリートメントまでできる、思春期ニキビ専用の製品が販売されています。泡立てる必要もなく、使い方も簡単なので、そういったものを使用するのも良いでしょう。

 

改善策2.バランスの良い食事を心がけましょう

好き嫌いが多く、好きな物ばかりを食べていませんか?思春期ニキビを改善するには、身体の中から改善することも大切です。魚や野菜中心のバランスの良い食事を心がけて、スナック菓子や甘いものはなるべく控えましょう。

 

改善策3.保湿に気をつけましょう

思春期ニキビは皮脂が多いことが原因なので、保湿は関係ないと思うかもしれません。ところが、肌は乾燥するとより多くの皮脂が分泌されるため、それがニキビの原因になる場合があります。

 

洗顔後には、化粧水や乳液などでしっかり保湿し、肌を整えましょう。

 

 

ベビーパウダーには、思春期ニキビを治す成分は含まれていません。それどころか、ニキビ肌にベビーパウダーを塗ると毛穴が余計に詰まり、ニキビが悪化してしまう可能性があります。

 

いろいろな情報に惑わされず、思春期ニキビの予防・改善には、ニキビ専用の基礎化粧品などを使うことが望ましいでしょう。