ニキビとアテローム・粉瘤(ふんりゅう)の違いって?

痛みや赤みはないのに、皮膚の膨らみがなくならないなんてことはありませんか?あるいは、痛くて腫れあがった大きなニキビがなかなか治らないと、悩んでいませんか?実はそれ、ニキビではなくアテロームや粉瘤と呼ばれる”できもの”かもしれません。

 

ニキビとはどう違うのか、またどんな治療が適切なのか、詳しく見ていきましょう。

 

アテローム・粉瘤とは

皮膚は、肌の生まれ変わりであるターンオーバーを毎日くり返していて、不要になった角質が剥がれ落ちると、また新しい皮膚ができあがります。この剥がれ落ちるはずだった角質が皮膚の下にできた袋にたまり続け、腫瘍となったものが、アテロームまたは粉瘤と呼ばれる”できもの”です。

 

この皮膚の下の袋は、毛穴に表面の皮膚が入り込んでできます。そのため、袋の中には剥がれ落ちた角質だけでなく、皮脂もたまります。アテローム・粉瘤の中身は、皮脂や角質などの汚れと言えます。

 

原因

はっきりとした原因はわかっていません。日本皮膚科学会では、なんらかのきっかけで毛穴に表面の皮膚が入り込んで袋ができ、発症するとされています。また、ニキビや小さな傷が原因で、皮膚の内側に袋ができる場合もあるようです。

 

好発部位

身体中どこでもできる良性腫瘍です。中でも、顔や頭、背中、首、耳のうしろ、お尻にできやすいとされています。子供から高齢者まで幅広い層で発症し、男女の差もありません。ニキビの好発部位も同じような部位なので、間違いやすいですね。

 

ニキビとの違い、見分け方

まず大きさです。アテローム・粉瘤は数ミリから数センチで、ニキビに比べると大きいです。はじめは小さくても、袋の中に角質や皮脂が次々とたまっていくので、大きく成長することがほとんどです。ただ、放置していても必ずしも悪化するわけではありません。

 

袋に皮脂や角質がたまり、その出口をふさいでしまっていることが多いです。そのふさがった出口が黒い点で見えることがあります。ニキビにはこうした黒い点はないので、見分けるポイントになります。

 

また、ニキビには袋がないので、指でつまんでもしこりは感じられませんが、アテローム・粉瘤には皮膚の下に袋が存在するため、表面からしこりを指でつまめることがあります。中身は皮脂や角質、つまり垢なので、臭いがすることもあります。

 

しこりを押すと、ドロッとして臭い中身が出てくる場合もあります。さらに、ニキビは小さくても赤みが出る一方で、アテローム・粉瘤は、小さいうちや初期では痛みや赤みはありません。しかし、菌が入り込むと炎症を起こし、赤みや腫れ、痛みが出ることがあるため、自己診断はおすすめしません。

 

治療法

アテローム・粉瘤は皮膚の下に袋ができているため、自然治癒はしません。根治的な治療は、皮膚の下の袋を取り除くことです。炎症を起こしていないものと、菌が入り込んで炎症を起こしているものとでは、治療法が異なります。

 

炎症を起こしていない場合

皮膚の下にある袋を完全に取り除くため、手術を行います。手術の方法は小切開摘出術とヘソ抜き法があります。どちらもアテローム・粉瘤のある部位に直接針を刺して局所麻酔します。小切開摘出術はその名の通り、できるだけメスで切る傷口を小さくして、袋を取り出します。

 

傷口は糸で縫合するので、手術から1週間ほどで抜糸になります。ヘソ抜き法は特殊なパンチでアテローム・粉瘤に穴を開け、中身を押し出した後、袋を取り除きます。

 

医師の治療方針によって、傷口を糸で縫合する場合とガーゼで保護する場合があります。傷口を糸で縫合しなかった場合は、傷が治るまでに2〜3週間かかります。

 

炎症を起こしている場合

赤く腫れあがって痛みがあるようなアテローム・粉瘤は、手術で袋を取り出すことはできません。炎症を起こして腫れあがっているため、傷口が大きくなるのはもちろん、袋の取り残しが起きやすく、再発の危険性が高まります。

 

この場合、まずは炎症を抑えることから治療が始まります。あまり炎症がひどくない時は、抗生物質の内服薬で1週間ほど様子をみます。炎症がひどく今にも破裂しそうなアテローム・粉瘤は、まず少しメスで切れ目を入れて、袋の中の膿を押し出します。

 

そして抗生物質の内服薬を飲んで、1週間ほど様子をみます。いずれも赤みや腫れが完全になくなれば、手術へと治療を進めます。膿を出しても出さなくても、炎症が完全になくなるまで手術はできません。

 

 

なかなか治らない大きなニキビと思っているものは、実はアテローム・粉瘤かもしれません。炎症を起こしてしまうと、治るまでに時間がかかります。もしかして…と思ったら、早めに病院を受診して、適切な治療を受けましょう。早期治療がキレイな肌への一歩です。