ニキビに効果が期待できるアロマオイルって?

しつこくくり返すニキビに悩まされ、化粧品や薬をいろいろ試したけど治らない…そんな人は、アロマオイルを試してみてはいかがでしょう?意外かもしれませんが、アロマオイルの中には、ニキビや肌の炎症に効果のあるものが、いくつかあります。

 

ステロイドなどの薬に頼り過ぎず、なるべく肌に負担をかけずにニキビを治したいという人におすすめです。ここでは、ニキビに効果のあるアロマオイルについて、種類や効能、使い方、注意点などを解説します。

 

ニキビに効果のあるアロマオイルの種類

ニキビに効果があるとされるアロマオイルは、いくつかあります。有名なのは、ラベンダーとティーツリーです。特にラベンダーは、肌への効果はもちろん、その香りやリラクゼーション効果でも知られる人気の精油です。それでは、それぞれのアロマオイルの特徴を見ていきましょう。

 

ラベンダー

ラベンダーには主に、鎮痛や殺菌、消炎、緊張をときほぐす効果、安眠効果、降血圧作用などの効果があります。女性の生理痛やイライラ、不眠などにも効果的です。さらに肌の新陳代謝を良くしたり、皮脂の分泌を整えたりする効果もあるので、ニキビをはじめ、さまざまな肌トラブルを改善し、美肌を手に入れることができます。肌荒れやニキビには、ストレスや睡眠不足も大敵なので、安眠やリラクゼーション効果があるのもうれしいですね。フローラル調の甘い香りです。

 

ティーツリー

ティーツリーには、免疫力の強化や落ち込んだ心を明るくするなどの効果があります。風邪の予防などにも使われる殺菌力の高いアロマオイルなので、ニキビの原因であるアクネ菌を殺菌し、美肌への効果も期待できます。そのため、洗顔料やニキビ用美容液などにも使われています。木のぬくもりを感じる落ち着いた香りが特徴です。

 

その他のアロマオイル

皮脂の分泌を整える効果のあるゼラニウムや、毛穴を引き締める効果のあるレモングラスもおすすめです。ゼラニウムは、バラと似た甘い香りが特徴で、皮脂の分泌を調整する作用や血行を促進する効果などがあり、ニキビ肌を問わず、すべての肌に使いやすいアロマオイルです。レモングラスは、殺菌消毒作用があり、毛穴を引き締める効果があります。レモンのようなフレッシュさと甘い香りが特徴です。

 

いずれも万人受けする良い香りで、スキンケアをしながら幸せな気分を味わえます。自分に合う香りを選んで、楽しみながらニキビケアをしていきましょう。

 

ニキビに効果のあるアロマオイルの使い方

では、ニキビに効果があるアロマオイルをどのように使えば、より効果的なのでしょうか?おすすめの3つの使い方を見ていきましょう。

 

使い方1. 肌に直接塗布する

アロマオイルの中には肌への刺激が強いものもあるので、すべてのアロマオイルが肌に直接塗布できるわけではありません。しかし、ニキビケアにおすすめのラベンダーとティーツリーは肌に優しいため、そのまま塗布しても問題ありません。

 

使い方は、綿棒などの先にオイルを少し取り、ニキビにちょんと塗るだけです。直接塗るのがどうしても心配な人は、予めパッチテストを行うと良いでしょう。

 

使い方2. キャリアオイルで希釈して使う

アロマオイルは、一部を除き、原液で使えないものが多く、その場合、キャリアオイルで薄めて使う必要があります。キャリアオイルとは、アロマオイルを希釈するだけでなく、溶かすことで揮発を防ぎ、体内に行き渡らせる役割があります。

 

キャリアオイルでおすすめなのは、ホホバオイルです。ホホバオイルは肌への浸透力が高く、皮脂を整える効果に優れています。また、ビタミンやミネラルなどを豊富に含み、ニキビを緩和する効果が期待できます。

 

ホホバオイルだけでもニキビの改善が期待できますが、これにラベンダーやティーツリーなどのアロマオイルを加えると、さらに効果的と言えます。ゼラニウムとレモングラスは、キャリアオイルで、0.5%程度の濃度に希釈して使うことをおすすめします。特に、レモングラスは刺激が強いので、さらに薄めた方がいいでしょう。

 

ホホバオイルで薄めたアロマオイルは、ふき取り洗顔や洗顔後の保湿に使えます。普通のクレンジング剤と同じように、たっぷりと手に取って優しく肌になじませ、メイク汚れを浮かせます。その後、洗顔料を泡立てて洗顔します。

 

入浴後は化粧水で整えた後、ホホバオイルを2〜3滴手に取って顔の内側から外側へなじませ、保湿しましょう。肌が弱くてアロマオイルの原液の塗布に抵抗があるという人も、ホホバオイルを使えば安心ですね。

 

使い方3. フェイシャルスチームを行う

ニキビケアに加え、香りによるリラクゼーション効果も得られる使い方が、フェイシャルスチームです。自宅で簡単にできるので、まずはそのやり方をチェックしましょう。

  1. 洗面器に熱湯を張り、精油が一度に蒸発しないように80〜90℃くらいに冷ましてから、アロマオイルを数滴たらす
  2. 洗面器に顔を近づけ、タオルを頭からかぶって、顔に蒸気を当てる
  3. 湯気が立たなくなったら、時々差し湯をしながら、5〜10分ほどスチームを浴びる

フェイシャルスチームのニキビケアは、特にニキビが顔全体に広がっている場合などに効果的です。アロマオイルの蒸気を吸うことで喉や器官の消毒になり、風邪予防も期待できます。

 

アロマオイルを使う時の注意点

アロマオイルは肌に使うものなので、その成分や使うタイミングなどには、ある程度注意が必要です。注意しておきたい2つのポイントを確認しましょう。

 

エッセンシャルオイルを使う

アロマオイルと呼ばれるオイルには、大きく分けて2タイプあります。1つめは、エッセンシャルオイルまたは精油と呼ばれるもので、これは100%天然の植物素材から抽出されたオイルを意味します。これに対し、人工の香料などが混ざっているアロマオイルもあります。

 

ニキビケアに使うアロマオイルは、エッセンシャルオイルと呼ばれる天然のアロマオイルを使いましょう。オーガニックのエッセンシャルオイルであれば、より安心です。人工香料などで薄められたアロマオイルは、芳香目的では使用できますが、肌に塗る目的では使用しない方が無難です。

 

香りは似せられていますが、天然の精油がもつ効能が欠けていますし、肌に有害な成分が含まれていることもあるからです。

 

妊娠中は使用を控える

妊娠中は、女性ホルモンのバランスが乱れて、ニキビができやすくなります。しかし、ラベンダーには月経促進効果があるため、妊娠中にはラベンダーを使ったアロマオイルの使用は控えてください。もし、妊娠中にアロマオイルでニキビケアをしたい場合は、ティーツリーがおすすめです。安全なアロマオイルで、上手にニキビケアしましょう。

 

 

ニキビができている時は、精神的にもとても辛いです。そんな時こそ、アロマオイルの香りで心身ともに癒されながら、楽しくニキビケアをしていきましょう。