ニキビ対策にはアミノ酸を多くとろう

美肌を構成する栄養素といえばビタミンCが有名ですが、最近注目されている成分はアミノ酸です。アミノ酸にはニキビの原因となる皮脂の分泌を調整したり、肌のバリア機能を高めたりする働きがあるため、不足するとニキビができやすくなります。

 

ここでは、そんなアミノ酸について、詳しく紹介します。たくさんできたニキビに悩んでいる人は必見です!

 

アミノ酸とは

人間の身体はタンパク質、酵素、脂質、DNAなどの細胞から構成されています。このうちタンパク質と酵素は、アミノ酸からつくられています。タンパク質は細胞を形づくるのに欠かせない要素なので、アミノ酸はまさに身体の基本要素です。

 

さらに赤ちゃんを育てる胎盤もアミノ酸でできているため、アミノ酸にはすごい力が備わっているといえます。アミノ酸は全部で20種類あります。このうち体内でつくられず、食事から摂取する必要がある9種類を必須アミノ酸と呼びます。リジン、ロイシ ン、イソロイシン、パリン、メチオニンなどがあります。

 

アミノ酸とニキビ

アミノ酸は私たちの肌の材料となっていて、美肌をつくるために欠かせない重要な栄養素です。アミノ酸の効果のなかでも、ニキビ対策として挙げられる特徴的な効果について、3つ紹介します。

 

効果1. 乾燥から肌を守る

肌トラブルの根源となる乾燥肌は、バリア機能のある皮脂膜がしっかりとつくられません。そうなると、肌の角質層の水分が大量に蒸発します。水分のなくなった角質は硬くなり、毛穴もだんだんと細くなります。肌はその状態をから回復させようと、皮脂を多く分泌するようになります。

 

こうして過剰に分泌された皮脂が毛穴に詰まり、ニキビができやすくなります。アミノ酸は、角質細胞内にある天然保湿因子NMFという保湿成分の40%を占めています。そのため、肌を乾燥から守ります。

 

効果2. 美肌になる

肌は約28日周期で代謝し、古い組織を新しい組織に置き換えます。この代謝が低下すると、古い角質が毛穴を詰まらせ、ニキビなどの肌トラブルを起こす原因になります。アミノ酸には代謝のリズムを整える働きがあるので、美肌へと導く効果があります。

 

また、アミノ酸は肌の保湿成分であるヒアルロン酸や、ハリや弾力を保つのに重要なコラーゲンの原料になっていて、美肌のためには欠かせない成分です。

 

皮脂の分泌量を調節したり、肌のバリア機能を高めたりして、ニキビなどの炎症を抑えるほか、ニキビの原因であるアクネ菌を抑制する働きがあります。さらに、シワやたるみを改善するアンチエイジングにも力を発揮します。

 

効果3. 血行改善

肌の生まれ変わりであるターンオーバーの乱れや胃腸機能の低下、冷え性、便秘なども、ニキビを引き起こす原因となります。アミノ酸は血行をよくして基礎代謝を高めるので、肌のターンオーバーを正常にして胃腸機能を高め、 冷え性や便秘を解消します。

 

アミノ酸を多く含む食品

アミノ酸は主に肉魚類、豆類、卵に多く含まれており、知らず知らずのうちにアミノ酸を食事のなかで摂取しています。肉や卵は加熱するとアミノ酸の吸収率を下げてしまうので、必要以上に加熱調理しないように注意しましょう。

 

肉類はタンパク質やアミノ酸と同じ位に脂質を多く含んでいるので、過度に食べすぎると生活習慣病となるため、献立などには工夫が必要です。また、米や小麦などの炭水化物にも多く含まれています。

 

特に必須アミノ酸は、どれか一つでも不足していると、免疫力や体力の低下、肌荒れや抜け毛といった症状が現れるため、バランスよく取り入れることが大事です。一つの食材だけでなく、さまざまな種類の食材からアミノ酸を摂取することが重要になります。

 

9種類の必須アミノ酸のうち、含有率の高い食材をそれぞれ見ていきましょう。

 

バリン:筋肉をつくるために必要なアミノ酸
  • 赤身マグロの刺身 7切れ 1,300mg
  • プロセスチーズ 1切れ 320mg

 

ロイシン:筋肉をつくるために必要なアミノ酸
  • カツオの刺身 7切れ 1,800mg
  • 鶏むね肉 100g 1,900mg

 

イソロイシン:筋肉をつくるために必要なアミノ酸
  • 豚ロース 100g 1,000mg

 

メチオニン:タンパク質合成に必要となるアミノ酸
  • 鶏むね肉 100g 640mg

 

リジン:穀物類には少ないアミノ酸
  • 真アジ 100g 1,900mg
  • 凍り豆腐 1枚 510mg

 

フェニルアラニン:ドーパミンなど神経伝達物質の材料
  • 牛レバー 100g 1,100mg

 

トリプトファン:セロトニンなど神経伝達物質の材料
  • 牛、豚レバー 100g 290mg

 

ヒスチジン:赤血球や白血球の形成に必要
  • カツオの刺身 7切れ 2,500mg
  • 真鰯の刺身 100g 1,000mg

 

スレオニン:身体の成長を促し、脂肪肝を抑える
  • マグロ赤身 7切れ 1,100mg
  • 豚ロース 100g 1,100mg

 

一般的に動物性の肉は人の筋肉と似ているため、アミノ酸のバランスが良好です。そのため、動物性の肉をバランスよく摂ると、アミノ酸不足を防ぐことができます。

 

ただ、過剰摂取すると脂質やカロリー過多になるうえ、余分なアミノ酸は尿で排出されるため、肝臓や腎臓に負担をかけてしまいます。また排尿と一緒にカルシウムも同時に体外へと排出されてしまいます。

 

そのため、体内のカルシウム不足が促され、ストレス増大にも繋がってきてニキビにとってもよくありません。サプリメントなどで補う人は、自分に合った量のアミノ酸を摂るように気をつけましょう。

 

また、ダイエット中などで野菜中心の食生活をしている人も、野菜だけでは必須アミノ酸が不足する可能性が高いので、十分注意しましょう。

 

 

このように、私たちの肌細胞をつくる原料となっているアミノ酸には、素晴らしい美肌効果があります。シミやくすみを改善する美白効果に加え、ニキビの改善にも効果絶大です。アミノ酸は、多彩な食材から摂取することが大切です。適量を知り、健康的でニキビのない美肌を手に入れましょう!