アレルギーってニキビと関係あるの?

スキンケアをしっかりして食事やストレスに気をつけていても、ニキビが治りにくかったり、治ってもすぐにまたできる場合は、アレルギーとの関係を疑った方がいいかもしれません。

 

食物アレルギーである「遅延型アレルギー」が、ニキビの原因になっていることもあります。アレルギーとニキビの関係について、ここで詳しく見ていきましょう。

 

対策をしても、ニキビが出続ける原因

ニキビの原因は、生活習慣やストレス、ホルモンバランスの乱れ、食生活など、いろいろな要素が考えられます。しかし生活習慣を正し、ストレスは溜めないように心がけ、バランスの良い食生活に改善しても、ニキビがなかなか治らないとしたら、もしかしたら原因は食物アレルギーかもしれません。

 

食物アレルギーには、2つの種類があります。「即時型アレルギー」と「遅延型アレルギー」と呼ばれるものです。まずは、それぞれの症状や特徴を確認しておきましょう。

 

即時型アレルギー

食物アレルギーと言えば、この即時型アレルギーを思い浮かべる人が多いでしょう。特定の食べ物を食べた後すぐに、かゆみやじんましん、呼吸困難などの症状が起こるものです。最悪の場合、死に至ることもあります。

 

遅延型アレルギー

遅延型アレルギーは、食べてから数時間から数週間後に症状が出るものです。その症状は、頭痛やめまい、うつ、便秘、下痢、肌荒れ、湿疹、ニキビ、アトピー性皮膚炎、じんましん、鼻水、鼻づまり、筋肉痛、関節痛、不整脈など広範囲に及びます。即時型アレルギーと違って、命に関わることはありません。

 

食べ物を摂取してから時間が経っているため、原因物質を突き止めにくいです。アレルギー症状を起こしているという自覚さえないという特徴があります。じわじわゆっくりと症状が出るため、知らず知らずのうちに細胞の老化にもつながるという恐ろしい側面もあります。

 

一般的に食物アレルギーと言うと、普段あまり食べないようなものが原因だと考えられることが多いです。しかし遅延型アレルギーの場合は、日ごろからよく口にしている食べ物や自分の好物が実はアレルギーの原因物質だった、ということがあり得ます。ですから、遅延型アレルギーは誰にでも起こる可能性があります。

 

遅延型アレルギーが、ニキビの原因に?

遅延型アレルギーは、少し前まではあまり知られていませんでした。しかし最近は、様々な不快な症状の原因として、メディアでも積極的に取り上げています。遅延型アレルギーについて、さらに詳しく見ていきましょう。

 

遅延型アレルギーの原因物質は、乳製品かも

遅延型アレルギーとして現れやすい食品は、乳製品だとされています。日本人は、牛乳の成分である成長ホルモンや抗生物質、ラクトース、カゼインなどのたんぱく質を分解するための酵素を、もともと持ち合わせていません。そのため、上手に分解できない人が多いと言われているからです。

 

そもそも牛乳は子牛が飲むためのものであって、赤ちゃんが飲む母乳とは成分が異なります。こう考えると、人がこの酵素を持っていなくても不思議ではありません。そのため、身体に良いと思ってあなたが毎日口にしている牛乳やチーズなどの乳製品が、遅延型アレルギーのアレルゲンであり、ニキビの原因になっているかもしれません。

 

バターや生クリーム、最近ではパンにも乳製品が使用されているものが多いです。今は気になる症状が出ていなくても、ある日突然発症するケースもあります。

 

対策をしていてもニキビが治りにくい人は、2週間程度、試しに乳製品を一切摂らないようにして、ニキビの状態がどうなるのか観察してみるのも良いでしょう。これによりもし肌がきれいになってきたら、乳製品が原因の遅延型アレルギーである可能性が高いと言えるでしょう。

 

ヨーグルトはニキビに良い

一方、乳製品といえどもヨーグルトは食べても良いと言われています。ヨーグルトに含まれる乳酸菌には腸の善玉菌を増やす効果があり、腸の環境を整えてくれるからです。腸内環境が悪化すると、腸に溜まった老廃物がうまく外に排出されなくなります。

 

すると老廃物は血液中に流れ込み、身体中を巡りながら最終的に肌から排出されるようになります。この時、ニキビの原因である皮脂や角質と結びつき、ニキビを引き起こします。ヨーグルトのビフィズス菌は食物繊維とオリゴ糖が好きなので、一緒に摂ることにより、その効果を倍増させることができます。

 

そのため、どちらも含まれているバナナと一緒に食べましょう。そして、空腹時は胃酸が乳酸菌をやっつけてしまい、せっかくの乳酸菌が腸まで届かなくなるため、食後に食べることをおすすめします。

 

遅延型アレルギーの検査はどこで受けられるの?

遅延型アレルギーの検査が受けられる病院は限られていますが、大都市であれば、検査を行っている病院は見つかるでしょう。地方に住んでいる人は、インターネット通販などで遅延型アレルギーの検査ができるキットを注文できるので、それを利用するのも良いでしょう。

 

採血と必要事項を記入した書類をポストに投函して、約1週間程度で検査結果が届きます。価格は28,000円程度と決して安くはありませんが、100種類前後のアレルゲンを調べてくれるなど、手軽に詳しい検査ができます。

 

 

好きな食べ物や何年も食べ続けているもの、牛乳をはじめとする乳製品が、あなたのニキビの原因になっている可能性もあります。ニキビが治りにくいと気になっている人は、一度、遅延型アレルギーの検査を受けることをおすすめします。