思春期ニキビを治すのにAHA配合のピーリング石けんって効果ある?

思春期ニキビの対策として、AHA配合のピーリング石けんの使用をすすめられるけど本当に効果があるの?そんな風に疑問に思う人も多いでしょう。まずはAHAとはどんなものか知ったうえで、肌へのダメージや効果的な洗顔方法について、チェックしていきましょう。

 

AHAのことをきちんと知ろう!

そもそもAHAって、いったい何?どんな効果があって化粧品や皮膚科の治療に使われているのでしょうか?まずはAHAについて、詳しく説明していきます。

 

AHAとは、どんな成分?

AHAの正式名称は、『アルファヒドロキシ酸』と言います。フルーツ、サトウキビ、発酵乳、ワインなどから抽出される酸を総称したものなので、フルーツ酸とも呼ばれています。

 

具体的には、

  • グリコール酸
  • クエン酸
  • リンゴ酸
  • 酒石酸

 

などの成分名で、化粧品などに配合されています。

 

AHAの効果とは?

AHAには、肌の角質を柔らかくしたり、除去したりする効果があります。欧米ではすでに行われていた、この美容法が1990年代頃、日本にも入ってきました。その頃、エステティックサロンや皮膚科が「ピーリング」という美容法として取りいれ、多くの女性が興味をもつようになりました。

 

「ピーリング」とは、「皮をむく=ピール」から名づけられたもので、今ではAHAを使っての肌の角質ケアは、一般的にも広く知られるようになりました。古くなった角質が残り過ぎていると、肌の感じがざらついたり、ごわごわしたり、くすんだりします。

 

AHA配合のピーリングケアは、角質を取り除くことで、それらの状態を解消する効果を肌にもたらします。実際に、AHA配合により、「古い角質を取り除く」「肌のざらつきを取る」「肌のくすみを取る」などという説明が記載されたクレンジングや石けんが、ホームケア用として多く販売されています。

 

 

AHA配合のピーリング石けんは、どんな肌にも効果的なの?

AHA配合のピーリングケアには、リスクもあります。使用後に肌が乾燥したり、ヒリヒリしたり、赤みが出たりするなどのトラブルも多いようです。これらは必要な角質も取り過ぎてしまったことで、肌にダメージを与えた状態です。

 

エステティックサロンや皮膚科で使われ始めたことから、想像してみましょう。そうです!肌診断のプロフェッショナルだからこそ、使いこなせる成分なのです。肌表面を覆う角質は、バリア機能という重要な役割をもっています。

 

角質は、外からの異物の侵入を防いだり、肌内部の水分が蒸発しないようにしたりなど、健康な肌を保つために欠かせません。そのため、角質を除去するAHAは、肌が弱い人、乾燥している人はもちろん、普通肌と思っている人も、使用には注意が必要です。

 

また、ニキビ肌はさまざまな刺激に弱く、外からの異物にも過敏に反応しがちです。ニキビに悩んでいる場合も、使用しないことをおすすめします。

 

肌質や肌の悩みは、人それぞれです。AHA配合のピーリング石けんも、場合によっては効果が出るどころか、ダメージを与えることがあります。自分の今の肌に合うかどうかをきちんと見極めることは、とても重要です。

 

思春期ニキビにどんなタイプの洗顔料が合っているの?

思春期ニキビは、ホルモンバランスの崩れによる、余分な皮脂が原因と言われています。古い角質で毛穴が詰まって、そこに皮脂がたまると、ニキビの原因となるアクネ菌を増殖させ、炎症が起きます。そのため、毛穴詰まりをなくし、余分な皮脂をいかに取るかが、思春期ニキビ改善には大切です。

 

思春期ニキビにおすすめの洗顔料

界面活性剤や粒子のスクラブ剤が入っている洗顔料は、敏感なニキビ肌には刺激になるので避けましょう。思春期ニキビには、ジェルタイプの洗顔料がおすすめです。

 

ジェルタイプなら指で軽く馴染ませて使用することで、肌に負担をかけずに毛穴の中の余分な皮脂をきれいに洗い流すことができます。

 

洗顔する際の注意点

洗顔は、1日2〜3回を目安に行うことをおすすめします。肌をゴシゴシ洗ったり、何度も洗い過ぎないよう注意しましょう。洗顔によって必要な皮脂や角質まで取り除き過ぎると、ニキビが悪化する可能性があります。その2つの理由を見てみましょう。

 

理由1. バリア機能の低下

必要な角質まで取り過ぎると、肌のバリア機能が低下するため、外からの刺激に弱くなります。それがかえってニキビの炎症を悪化させることにもつながります。

 

ニキビで悩んでいる人は、肌のバリア機能を維持すること、肌のバリア機能が低下した場合は、化粧水や乳液ですぐに補強して回復させることを、特に心がけてケアしましょう

 

理由2. 皮脂の増加

皮脂が適度に存在することで、肌は守られています。そのため皮脂を取り過ぎると、人に備わっている防衛本能が「あっ!皮脂が不足した」と反応し、かえって皮脂の分泌を活発にします。

 

 

このように、思春期ニキビの改善に特に重要なのは洗顔です。必要な皮脂や角質を取り過ぎるAHA配合のピーリング石けんのような洗顔料は避け、肌に負担をかけない方法でやさしくニキビケアしていきましょう。